こまめに保存してトラブルに備える

どうも、Takaです。

 

今回は簡単に保存ができる便利なショートカットキーについてです。

 

せっかく長時間かけて作り上げた文章や表が、パソコンの不具合で保存ができなくなってしまった!

 

 

このような経験をした事がある人も多いのではないでしょうか?

 

僕も何度か経験があるのですが、もの凄い脱力感に襲われてしばらく何もする気がおきませんでした(笑)

 

このような事がないように、こまめに保存をする習慣をつけるのは非常に重要な事だと言えます。

 

ワードやエクセルでは上書き保存ボタンがありますが、文字入力メインの作業をしている時などはマウスを操作するのが面倒な場面もあります。

 

このような時はCtrlキーを押しながらSキーを押せば上書き保存が完了します!

 

まさに瞬間保存です!

 

一度も保存をしていない場合は、名前をつけて保存画面が出てきますので、ファイル名、保存する場所を指定して保存します。

 

メモ帳でも有効な操作ですので、ちょこちょこ保存して、万が一の時の被害を最小限に食い止めるようにするといいですよ♪

 

※ワード、エクセルでは自動バックアップ機能があるようなので、その辺は調査をして再度追記します!

 

※Excel 2010、Word 2010での自動バックアップ機能についての続報です!

 

新規に文章や表を作って一度も保存することなく画面を閉じてしまったり、パソコンの不具合で保存不能になった場合でも、ファイルのバックアップが自動で行われている可能性があります!

 

バックアップファイルの確認方法は、

 

Excel 2010を開く⇒ファイルタブを選択⇒情報を選択⇒バージョンの管理を選択⇒保存されていないブックの回復を選択(Word 2010でも同じ操作で確認できます)

 

ここに自動でバックアップされたファイルが格納されています!

 

既定だと10分間隔で自動保存されますので、作業の開始から終了までの時間が短い場合は回復用ファイルが作成されません。

 

万が一ファイルを保存せずに終了させてしまった場合は、落ち着いてバックアップファイルが作成されているか確認してみて下さい。

 

バックアップファイルが作成されていたらキチンとファイル名をつけてわかりやすい場所に保存してください。

 

もし、作成されていなければ・・・・・・・大丈夫です!!

 

あなたはこの方法を知ったのですから、もう同じ過ちは二度と繰り返しません!

 

なので一回だけ最初からやり直してください。

 

そして作業の途中でCtrlキーを押しながらSキーを押せば、もう何も怖くありません。

 

今日からさっそく使ってみてくださいね♪

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です