操作を間違えた時に元に戻す

どうも、Takaです。

今回は操作を間違えた時に元に戻すショートカットキーについて書いて行きます。

間違えて文章や図を消してしまった時に、最初からやり直していた人には有効な機能ですのでぜひマスターしてください。

今まで時間をかけて修復していたのがバカらしく思えるほど簡単に復活させることができます。

 

文字や図を消してしまってもあわてない

文字や図を選択した状態で誤ったキー操作をすると消えてしまう事があります。

そんな時はあわてずにCtrlキーを押しながらZキーを押してください。

この操作を行えば消えてしまう前の状態に戻るはずです。

 

ワード、エクセル等では過去にさかのぼって戻すことができる

メモ帳では直前の状態に戻すことしかできませんが、ワードやエクセルでは過去にさかのぼって戻すことができます。

Ctrlキーを押しながらZキーを押す動作をくりかえすと徐々に戻っていくのがわかると思います。

もし戻り過ぎてしまってもCtrlキーを押しながらYキーを押すことで先にすすめることができます。

 

ファイル操作時でも利用可能

ファイルを選択しているときに誤って消してしまってもこの操作で復活させる事ができます。

 

まとめ

このように操作を失敗したとしても戻すことができますので、あわてずにCtrlキーを押しながらZキーを押して復活させてください。

ワード、エクセルに関しては戻るボタンが左上部にありますのでそれを押しても復活させることができます。

ぜひ活用するようにして下さいね。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

1 個のコメント

  • こんにちは。
    こりゃあ便利ですね。
    慌てなくても大丈夫ですね。
    使わせていただきます。
    ありがとうございましたm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です