メーカー出荷時の状態に戻す

どうも、Takaです。

今回はパソコンサポートについて書きます。

パソコン転売をやっているとちょっとした不具合は自分で直せるようになります。

ちょうど現場作業で使用しているパソコンに不具合が出たので、どのように対応したのかを紹介しますね。

 

症状

内蔵ハードディスクに保存したバックアップデータが電源をオフにすると消えてしまう。

これには参りました。

作業で失敗しても元に戻せるようにバックアップデータを保存するわけですが、それがなくなってしまうのですからどうしようもありません。

起動した時には毎回次のようなメッセージが出ていました。

DSC_0707

 

対応

このパソコンには現場作業で使用するためのソフトが1つだけインストールされているだけであり、ソフトも手元にあったのでリカバリーを実行する事に決定。

今回はリカバリープログラムがハードディスク内に保存されているパターンでしたので、それを呼び出してリカバリーを実行。

NECのパソコンだったので、電源オン時にF11キーを連打してリカバリープログラムを呼び出しました。

次の写真はリカバリープログラムを呼び出している時の様子です。

DSC_0708

メーカーごとにリカバリープログラムの呼び出し方は異なりますので、わからなければマニュアルを読むかネットで調べてみてください。

また、同じメーカーでも呼び出し方が違う場合がありますので注意してください。

DSC_0711

リカバリをスタートさせると自動で作業がすすんでいきますので終わるまで待ちます。

DSC_0714

 

DSC_0716

 

 

作業後

データを内蔵ハードディスクに保存して何回か再起動を繰り返しましたが、メッセージが出る事もなくデータもきちんと保持されていました。

DSC_0717

これで無事にリカバリー作業が完了し、問題も解決されました。

 

まとめ

今回はリカバリーを実行して復旧させるという方法でしたので、実際の作業時間は1時間も使っていません。

どうすれば短時間で復旧できるのかを考え、お客様とじゅうぶん打ち合わせをして作業をすすめていくようにしましょう。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください