値段設定について

どうも、Takaです。

今回はパソコンをヤフオクに出品する際の値段設定について書いていきます。

 

最初は定額出品から

パソコンの出品方法として相場付近の値段をつける定額出品と、1円出品等の低額出品があるのですが、最初は定額出品から始めるのがいいと思います。

慣れないうちから1円出品はこわいと思いますので、少し経験を積んでからやってみてください。

値段の設定なのですが、オークファン、ヤフオクの落札履歴で出品するパソコンの落札相場を調べます。

オフィスの有無、メモリのサイズ、ハードディスクの容量など同じ条件のものを見るようにしてください。

もし、同じ条件のものがなければ近い数値のものを参考にするといいです。

 

ヤフオクでの落札相場が見れるサイト「オークファン」へはこちら

 

ヤフオクトップ画面へはこちら

 

こちらのサイトの使い方は別の記事「仕入れの際にチェックする事(値段編)」で紹介していますのでこちらもチェックしてみてください。

 

同じ条件のもので一番高い金額に合わせて出品してみる

とりあえずは同じ条件のもので一番高い金額に合わせて出品してみてください。

これでウォッチ数やアクセス数を見て様子を見ます。

注目のオークションで目立たせる戦略もいいですね。

注目のオークションの戦略も別の記事「ヤフオク  注目のオークション 戦略」で紹介していますのでこちらもチェックしてみてください。

 

30000円は29800円に設定してみる

落札金額の一番高いものが30000円だった場合は、29800円に設定するようにしてください。

わずか200円の差ですが2万円台という事で落札率が若干ですがあがる可能性があります。

スーパーでもよく見かける値段設定ですよね。

レシートをみてみると末尾が8とか80が多いことに気づきます。

おそらく効果があるという事でこのような値段設定をしているのだと思います。

25000円だったら24800円と200円引きの価格設定を試してみてください。

 

 即決価格の設定

29800円からスタートした場合は2000円~3000円を上乗せした31800円とか32800円の即決価格をつけると、入札競争となった場合にあっさりと即決価格で落札される場合があります。

29800円で入札されている状態のとき、「2000円~3000円多く出せばすぐに自分のものになる」という心理をあおる戦略です。

この金額が開きすぎるとあまり効果がないようです。

2000円~3000円がちょうどいい価格差ですので試してみてください。

 

1円出品をする場合

慣れてきたら広告塔の意味で1円出品をしていくがいいと思います。

即決価格は定額出品の開始価格くらいで設定しています。

人気がある機種の場合は、即決価格をつけないほうが値段の伸びに期待が持てます。

 

過去相場が検索で引っかからない時は

あまり取引されていない機種の場合は過去相場がわからない場合があります。

そのような時は単純に買った時の金額に10000円を上乗せして出品してみるといいです。

反応が悪ければ徐々に値段を下げていって様子を見ていけばいいと思います。

 

最初は利益にこだわりすぎない

最初のうちは利益にばかりこだわるとなかなか売れませんので、多少のマイナスが出ても経験を買うという意識でやってみて下さい。

この経験を積み重ねると次に同じ商品を買うときの判断基準ができるので、利益の出る商品の仕入れができるようになります。

評価の数によっても金額が変わってきますので、地道に売っていくようにしましょう。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

1 個のコメント

  • こんにちは。
    この心理作戦で自分でも買った経験があります。なるほどね〜と納得しました。使わせていただきます。
    今日もありがとうございましたm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください