やるべきことは紙に書く

どうも、Takaです。

今回はやるべきことは紙に書くということについて書きたいと思います。

 

作業もれを防ぐ

やらなければならない事を頭で思い描いていても、人に話しかけられたり、他のことをやっている間にうっかり忘れてしまったという経験は誰にでもあると思います。

僕もこれまでに数え切れないくらいやらかしています。

やらなければならない事があった事すら忘れてしまった事もきっとたくさんあるはずです。(笑)

こういった事を防ぐためにはやるべき事を紙に書くというのが効果的です。

僕はやるべき事を思いついたら、付箋に書き出して机に貼り付けています。

このようにしておけば紙に書いたことに関しては絶対忘れる事はありません。

外出中でもスマートホンのメモ機能を使って、思いついたことをどんどんメモするようにしています。

 

チェックシートを活用する

毎回同じような流れで作業をする場合は、チェックシートを作成してキチンと作業をこなせているかの確認をするのもいいです。

チェックシートを使えば作業もれは防げますし、余計な事をやらないで済むという利点もあります。

今や工事現場でもチェックシートを使いますし、医者やパイロットでもチェックシートを使うと聞きますので作業ミスを減らす効果があるということだと思います。

 

あまり多くのことをやろうとしない

次から次へとやる事が浮かんで付箋に書いていたら、100枚近くになってしまったという人もいるかもしれません。

多くのことを一度にやろうとするとやる気がなくなってしまう可能性があるので、優先度の高いものを数枚はり出して少しずつ処理していくようにします。

残りの付箋はノートに貼って保存しておき、優先度の高いものから見えるところに少しずつ移動していけばいいと思います。

 

まとめ

紙に書いたりチェックシートを活用することで作業効率を高めることができますので試してみてくださいね。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください