パソコンのアップデート設定を見直そう

どうも、Takaです。

今回はパソコンのアップデート設定について書いてみます。

 

設定次第では勝手に再起動されてしまう

ツールを使用していると、数日間休みなしで稼働させなければならない状況もあると思います。

せっかく数日間かけて取得したデータもWindows Updateの設定次第で消えてしまう可能性がありますので注意が必要です。

僕も4日間くらいかけて取得したデータを自動再起動によって失った苦い経験があります。

このような事態を避けるためには現在の状態を確認して、必要ならば設定を変更していく必要があります。

ここでは最新OSのWindows10を例に説明していきます。

 

Windows Updateの設定を確認する

デスクトップの左下にある【Windowsマーク】をクリックし、【設定】をクリックします。

スタート設定

 

設定画面が開きますので【更新とセキュリティ】をクリックします。

更新とセキュリティ

 

更新とセキュリティ画面が開きますので【詳細オプション】をクリックします。

詳細オプション

 

詳細オプション画面が開きますので、【更新プログラムのインストール方法を選ぶ】の下の表示を確認します。

おそらく【自動(推奨)】になっていると思いますので【再起動の日時を設定するように通知する】に変更します。

更新プログラムインストール

この設定にしておけば再起動の必要があるときは通知してくれるはずなので、ツールで取得したデータを守ることができます。

どのような通知が表示されるのかはまだ見たことがありませんので、通知がきましたらこの記事に追記していく予定です。

 

 

まとめ

Windows7やWindows8でもこのような設定は可能なはずですので、設定を見直すようにしてください。

数日かけて取得したデータを守るために、また時間を無駄にしないためにも必要な作業です。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

1 個のコメント

  • こんにちは。
    わたしもこれを知らず、データを失って愕然とした経験があります。
    もっと早く知っていればと思いましたね〜。
    いつもありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください