Amazon輸出ってどんなもの?

どうも、Takaです。

Amazon輸出という言葉を聞いたことがあるけれど、どんなことをやるのかわからないという人も多くいると思いますので、説明していきたいと思います。

 

Amazon輸出の考え方

日本で商品を安く仕入れてアメリカなどのAmazonで高く販売して収益を得るというのが基本的な考えになります。

あまり資金が無い場合は在庫を持たないままアメリカのAmazonに出品しておいて、売れたら日本の安い店から仕入れて発送するという戦略もあります。

無在庫出品という手法ですが、仕入れができるかのチェックをこまめにしていればリスクの少ない方法です。

輸出というと簡単にはできないのではないかと思うかもしれませんが、意外に簡単に始めることができます。

今、アマゾンは世界に広がっていてアメリカだけではなく、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、中国、インド、ブラジルで利用できるようになっています。

今後も利用できる国がどんどん増えていくと予想できます。

アメリカの人口は2015年の時点で3億2000万人となっておりますので、日本のAmazonに比べればお客様の数が3倍近くいることになります。

このように多くのお客様に商品を見てもらえるチャンスがあるのがAmazon輸出です。

 

ネット販売がこれからも拡大していく

何か欲しいものがあるときはまずはネットで調べるという人も大変多くなってきました。

日本のアマゾンでは買ったその日に商品が届くサービスもはじまり、ますます便利になってきています。

僕もプライム会員になっているのですが、翌日に商品が届くというのはうれしいサービスです。

今後もネットで買い物をする人の数は増加の一途を辿るでしょう。

2020年までには日本だけでも20兆円規模になるとの予測もあります。

この傾向は世界でも変わらないと思われます。

この流れに乗り遅れないためにもAmazon輸出をはじめてみることをオススメします。

これからの記事でやり方を紹介していきたいと思ってますので参考にしてくださいね。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です