実家の不要本をヤフオク、アマゾンに出品!

どうも、Takaです。

もう読まなくなった本が実家にあったので、根こそぎ引き取って全ての本の相場を調べてみました。

まずはアマゾンの相場から調べて1円で売っているようなものはスルーし、200円以上の値段がついているものはそのまま出品していくといったスタイルで作業を進めていきました。

 

アマゾンへの出品はラクラク

アマゾンでは該当する商品ページの右側の「マーケットプレイスに出品する」を押すだけでカンタンに出品ができます。

写真をとる必要もなく、数ヶ所記入するだけであっという間に出品が完了します。

説明文などを使いまわせば1分もかからない内に終わりますよ。

基本的には最低価格に合わせて出品していきました。

あまり高値にこだわると現金化に時間がかかりますので、よくばらないほうがいいです。

出品してすぐに4000円の本(数学の参考書)がサクッと売れましたよ~♪

 

アマゾンでだめならヤフオクへ

アマゾンで1円のものでもヤフオクで数百円で落札されている本もありました。

古い雑誌等はヤフオクのほうが売りやすいというイメージがあります。

小学校の教科書が1700円で売れたりもしましたので、とりあえずはリサーチしてみる事が大事です。

ヤフオクの落札相場を調べるにはオークファンがオススメです。

 

アマゾン、ヤフオクでの取引実績の無い商品はどうすればいいのか

ほとんど価値のないパターンが多いと思いますが、万が一がありますのでヤフオクで反応をみるのがいいと思います。

出品期間は長めの1週間位に設定して、値段も高めにして様子をみるようにしましょう。

もし、反応があったら注目のオークション設定をして思いっきり目立たせれば価格上昇に弾みがつくと思います。

 

受験関係の本は強い!

これまで出品してきて感じた事は受験関係の本は高値で売れる傾向がありますね。

実家にあった受験関係の本だけで5万円以上の売上げになりました。

1冊19800円で売れた参考書もありました。価格は1000円もしないものです。

このジャンルも研究してみるとおもしろいかもしれませんよ。

 

ヤフオク、アマゾンで売れない商品は捨てるしかないのか?

ヤフオク、アマゾンで売れる見込みのない本は捨てるしかなさそうですが、僕はポイントサイト経由でバリューブックスというショップに本を送りました。

買取価格には全く期待していませんでしたが、買取額0円の本でも様々な施設やイベントなどで有効に活用する活動を行っているとの事でした。

ただ捨てるより、誰かの役に立つ可能性のあるこちらの処分法のほうがいいと僕は感じました。(うまくいけばポイントももらえるという下心はありましたが)

 

まとめ

副業をしたいんだけど資金が・・・という人はこのように家の不要品をかたっぱしからアマゾン、ヤフオクに出品しまくってください。

探せば何かしらはあるはずですので、まずは出品してみましょう。

そして、売上げはビジネス資金として活用していくようにして下さい。

お金が入ったからといって飲みにいったりしていては何も変わりませんよ。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です