CARDANO ADAコイン(カルダノ エイダコイン)情報 まとめ

どうも、Takaです。

ここではADAコインの情報を出来るかぎりアップしていきたいと思っています!

随時記事をアップデートしていきますので、ご期待ください!

情報をすぐに確認できるようにブックマーク登録もよろしくお願いします^^

 

最新情報(6/28更新)

久しぶりの更新となってしまいました。

相変わらず仮想通貨はパっとしない感じですが、みなさん耐えてますかw

先日ジャパンブロックチェーンカンファレンスに行ってきましたが、予想以上に人が集まっていて驚きました。

カルダノのブースもあったのでしっかりと新しいデザインのTシャツも購入してきましたよ♪

なんと!EMURGOがジャパンブロックチェーンカンファレンスのグランプリに選ばれていました!

EMURGOはカルダノ財団・IOHKと共にカルダノプロジェクトを進めている会社です。

カルダノを広く知ってもらう良い機会となりました。

プロジェクトも少しずつですがすすんでいますので、楽しみに待ちたいと思います!

 

カルダノロードマップ

これまでの詳しい内容はロードマップサイトより確認できます。

https://cardanoroadmap.com/timeline/jp/

 

 

わかりやすいロードマップはこちらをご覧ください♪

コミュニティにて非常にわかりやすい説明がありましたので紹介します。

投稿者には許可をとっております。

また、正確性を保証するものではない事をご理解ください。

カルダノの構造を船:カルダノ客船に例えて解説します(個人的なイメージです、間違っていたら教えて下さいね)。ちなみに、このカルダノ客船はまだ未完成。Byronで初めて海に浮かべられましたが、まだ停泊中。乗客を載せているところです。これから、出発しますが航海しながら、船の完成を目指します。
カルダノ客船は三層構造になっており、一層目は船の底:倉庫みたいなイメージ。ここにウロボロスがあって、ADAの取引に関するデータを保存していきます。その際に、POSでADAが産生されて船を前進させる駆動力になります(個人的には、Stakingの開始が、カルダノ客船の出航と考えてます、来年の2月頃?)。

第二層には、計算層があり(機関部のイメージ)ここにはスマートコントラクトを管理する仮想マシーンIELEがあります。これが完成すると、あらゆるスマートコントラクト(ETHも含めて)が、カルダノ上で動くことになります。これにより顧客の増加と企業連携の誘導が可能になります。

第三層は、客室や皆の集まる広場のようなイメージです。ここには様々なアプリケーションが展開します。ダイダロスはここに存在。ダイダロスはただの財布ではありません、今後、ダイダロスは様々なアプリケーションが動く窓口:Windowsのような存在になります。そうなるとさらに多くのお客さんが、カルダノ客船に乗り込むでしょう。ダイダロスは非常に多機能のようで、きっと皆さん、その変貌ぶりに将来びっくりするでしょう(まだ、よちよちな感じですけどね)。
これらの三層構造は、別々のチームが別々のペースで作っています。最終的に、それらが統合されます。
従って、カルダノのロードマップを読み解くには、これらの三層の構造のどの部分についての更新かを理解すると良いでしょう。

PS: カルダノの骨組みは、Haskel言語で出来ており、この構造に間違いがないかをRuntime verification という整備士さんがチェックして安全を保証してくれています。

 

CARDANO ADA公式メインページ

CARDANO ADAコインの基本的な情報はこちらのページにて確認することができます。

ダイダロスウォレット(ADAコイン専用のウォレット)ソフトのダウンロード等もこちらからできます。(今のところ、ダイダロスウォレットソフトは64ビットパソコンのみ対応しているようです)

一度、全体をじっくり見てみるといいと思います。

https://www.cardanohub.org/ja/home-2/

 

 

ADAコインの現在値、チャート、時価総額ランキング

ADAコインの現在値、チャートはこちらから確認できます

https://coinmarketcap.com/currencies/cardano/ (ドル、ビットコイン価格での表示)

https://altcoinjpy.com/ada.html(日本円表示)

 

暗号通貨(仮想通貨)の時価総額ランキングはこちら(祝トップ5入り!)

http://coincap.io/#/ (リアルタイム版)サイト左上のボタンで日本円表示に切替可能です。

https://coinmarketcap.com/#JPY (日本円表示)

 

 

ADAコインを扱っている取引所一覧

Bittrex (2017/10 取引開始! Cardano公式サイト掲載)

UPbit (2017/10 取引開始! Cardano公式サイト掲載)

BINANCE (2017/12 取引開始! Cardano公式サイト掲載)

BitMEX (2018/1 取引開始! Cardano公式サイト掲載)

BitMexは、BTCのみをマージンと使用して、BTC:ADAの先物市場を提供しています。 BitMexからAdaを購入、取引、または引き出せないことにご注意ください

 

HitBTC (2018/2 取引開始! Cardano公式サイト掲載 ※日本居住者は要確認

Huobi (取引開始! Cardano公式サイト掲載 ※日本居住者は要確認

bithumb (取引開始! Cardano公式サイト掲載)

eToro (取引開始! Cardano公式サイト掲載)

この他にも取引所があるようですが、公式サイト掲載分のみを紹介しています。

フィッシングサイトの報告もありますので十分注意してください。

 

ダイダロスウォレットサイト

ダイダロスウォレットとはADAコインを保管しておく財布のようなものです。

こちらのサイトでダイダロスウォレットのダウンロードができます。

ただし、Windows、Macともに64bitパソコンのみ使用可能です。

ダイダロスウォレットに関する「よくある質問」も参考になると思います。

問題が解決しなければ、メールサポートも受けられます。

https://daedaluswallet.io/ja/

 

 

ダイダロスのテスト版発表時に公開された動画もありますので紹介しておきます。

僕もこれを参考に設定しました。

 

★ダイダロスウォレットぷち情報①

ダイダロスウォレットで受取アドレスを複数作ることが出来るのですが、「1つでもいいんじゃないの?」と思っている人もいると思います。

僕もそのように思っていたのですが、ヘルプデスクツアーで理由を教えてもらいました。

取引内容はインターネット上に公開されており、1つの受取アドレスを固定で使っていると、どのくらいの金額を受け取っているのかが丸わかりの状態になるそうです。

まあ、金額が知られるだけで個人が特定される事はないと思いますが、気になる人は受取アドレスを複数作っておけばいいと思います。

 

★ダイダロスウォレットぷち情報②

ダイダロスウォレットをインストールして初回起動時にはかなりの時間がかかります。

これはこれまでの取引記録を全て同期しているためだそうです。(自分だけではなく世界中の取引全て!)

取引記録は今後どんどん増えていくので、ハードディスクの容量があまり無い場合は注意したほうがいいかもしれません。

 

★ダイダロスウォレットぷち情報③

ダイダロスウォレットのバスワードは半角英数字7文字以上(大文字、小文字、数字を全て含めなければならないです)

 

★ダイダロスウォレットぷち情報④

パソコンの日付、時刻がずれていると不具合が起こる可能性があるようです。

こまめに日付、時刻のチェックをするようにしてください。

 

★ダイダロスウォレットぷち情報⑤

パスワードは送金時に必要になります。

パスワードを忘れてしまっても、復元フレーズがあれば回復可能です。

 

★ダイダロスウォレットぷち情報⑥

ADA還元サーティフィケートファイルからの還元はパソコン上でのみ可能です。

スマートホン等からの還元作業は出来ませんのでご注意ください。

 

※重要①

プレセールでADAコインを買ってADA還元サーティフィケートファイル(PDFファイル等)を持っている方は、一刻も早くダイダロスウォレットに還元する作業を行ってください!

他人にファイルを盗まれて還元されてしまった場合は取り戻す事ができなくなります!

今すぐに資産を守る行動をしてください!

なお、還元が終了した(ダイダロスウォレットに資産が反映された)ADA還元サーティフィケートファイル(PDFファイル等)は破棄しても大丈夫です。

 

 

重要②

復元フレーズを写真で保存している人もいるかと思いますが、スマートホンでの撮影は危険との事でした!

復元フレーズを知られると資産を全て盗まれてしまいます!

復元フレーズさえあればウォレット名、パスワードを再設定できてしまうためです。

くれぐれも取扱には注意してください!

なお、復元フレーズの入力は全ての文字を入力する事になりますので、紙に書いて保存する場合は書き間違えに注意してください!

ここで書き間違えるとパソコンがこわれた時などに、復元ができなくなります。

 

重要③

マックにダイダロスをインストールした場合、ウォレット名を半角英数字にしないと不具合がでるようです。

今後は改善されると思いますが、いまのところは注意しておいてください。

 

カルダノブロックチェーンエクスプローラー

これはCardanoブロックチェーン上のトランザクション履歴を確認するのに便利なツールです。 Adaに関する全てのトランザクションはブロックチェーン上に公開されており、これによってユーザーは特定のトランザクションに関する情報が検索可能となります。閲覧可能な情報としては、送金したADA額や、送金者の公開アドレス、トランザクションが行われた日時などが挙げられます。

https://cardanoexplorer.com/

 

 

使用方法は下の動画で確認できます。

※画面下部にマウスポインタをあてるとメニューが表示されますので、字幕をクリックしてください。

日本語訳が表示されるようになります。

 

 

 

 

コミュニティ等一覧

★CARDANO FOUNDATION公式コミュニティ

こちらから公式による最新の情報などが取得できます!

わからない事があればこちらで質問してみてください。

知っている人からいろいろアドバイスばもらえますよ。

僕も参加しています!

https://www.facebook.com/groups/CardanoCommunity/(Facebook)

 

★Rocket.Chat「ベータ」

 

新しいチャットプラットフォームとして登場!

Slackと同様のチャット機能を提供していますが、スパムやスキャムからユーザーを保護するための優れたツールが用意されています。

Slackは段階的に廃止されますのでこちらにシフトをしていきましょう。

https://chat.cardanohub.org/home

 

★CardanoFoundation

CardanoFoundationが発信している情報をチェックできます。

https://cardanofoundation.org/ja/ (ニュースレターに登録すると財団の新情報をメールで受け取れます)

https://www.facebook.com/CardanoFoundation/ (Facebook)

 

ブロックチェーン承認方法の基礎知識

コミュニティにて非常にわかりやすい説明がありましたので紹介します。

投稿者には許可をとっております。

また、正確性を保証するものではない事をご理解ください。

 

ブロックチェーンの承認方法には、幾つかの種類があります。今回は、それらの種類について解説します(上図)。

まず、ビットコインのPOW (proof of work): マイニングについて。マイニングとは取引記録にブロック(鍵)をかけて安全を保証する方法です。大体、10分に一回ブロックが作成されます。現在、1ブロックを作成すると12.5BTC(=約90,000ドル、900万円)の報酬が貰えます。極めて魅力的ですね。ただし、この報酬をもらえるのは難しい暗号を最初にといた人のみ。だから、激しい競争と厖大なエネルギーの無駄が起こります。このブロックを作成する人達のことをマイナー(鉱夫)と呼びます。しかも、これらのマイナー達が力を持ちすぎて勝手にコインを分裂させます。正直、かなり迷惑な存在です、が、彼らの働きがなければブロックチェーンを維持出来ません。ちょっと、将来が心配ですね。尚、一般の通貨使用者はこの報酬を得ることは出来ません。

次に、NEMに代表されるPOI (proof of importance)。これは、NEMを多く持っている人、あるいは、多くの取引を実施している人:お得意様のみにPOIによる報酬が配られます。
POWよりはいい感じですが、ちょっと不公平な感じ。

さらに、Rippleに代表されるPOC (proof of consensus)。そもそもRippleはブロックチェーンではありませんが、利便性のためここで扱います。POCは、大企業や銀行、大学等の信頼性のある機関だけがシステムを検証し、その報酬を得るシステムです。従来と変わらないシステムで、もちろん一般の利用者が恩恵にあずかるチャンスはありません。

最後に、ADAに代表されるPOS (proof of stake), これブロックを作成するチャンス(報酬を得るチャンス)を宝くじ形式で決定します。つまり、ADAを保有する全員にチャンスがあります。ADAの保有量が多ければ当選する(報酬を受け取る)チャンスが高くなります。しかし、少なくても他の人々とグループを形成し、グループで当選を目指すことにより、報酬を得る確率をあげることが出来ます。一番、平等な感じ。

以上をまとめると、ADAのPOSでは、参加者全員に報酬を得るチャンスがあるということになります。

 

IOHK(インプットアウトプット香港)

IOHKは2015年にチャールズホスキンソン(Charles Hoskinson)とジェレミーウッド(Jeremy Wood)によって設立されたエンジニアリングおよびテクノロジー企業です。革新的なP2P技術を利用して30億人に金融サービスを提供することを約束しました。IOHKは契約に基づき、2020年までカルダノ・プラットフォームの設計、構築、および管理を行います。

トップページにはおもしろい仕掛けがあるので是非いってみてください。

https://iohk.io/

 

Q & A

CARDANO FOUNDATION公式コミュニティ内で紹介されているものを紹介します。

※不明点がありましてもこちらでは対応する事ができませんので、CARDANO FOUNDATION公式コミュニティにて情報を集めてみてください。

ADA還元編

Q:証明書が届いていない。
A:証明書はメールで送信されているわけではございません。ご自身でAVVMという操作で取得いただいているものです。cert.pdfまたはcertと表示されているファイルです。現在はこのAVVMは行なえません。

 

Q:メールに添付されているcert.pdf.encが開けません。
A:暗号化されているために開くことができません。開くことはできませんがDaedalusより直接還元できます。

 

Q:AVVMを行なっていません。
A:AVVMを行なっていない場合、「Your Ada Certificate/Ada証明書」というタイトルのメールに暗号化された証明書cert.pdf.encが添付されています。このcert.pdf.encでDaedalusより還元できますが「最新の受領証」が必要になります。これはメールボックスを「ET301」と検索いただければ早く見つけることができます。

 

Q:還元キーを入力してもADA還元できません。
A:還元キーはメールなどで送信されていません。AVVMで取得した開くことのできる証明書に記載されています。最下段「REDEMPTION KEY」というところに記載されています。よく間違えるものに次のようなものがありますがどれも還元キーではございません。
・ベンディングアドレス
・ADA還元用コード
・ログイントークン

 

Q:証明書をなくしました。
A:ご自身でAVVMを行なった場合
「ADA還元サーティフィケート」というメールにcert.pdf.encが添付されています。DaedalusよりADA還元→「通常」から還元できます。AVVM時に表示された9つのパスフレーズが必要となります。
AVVMをしなかった場合
「Your Ada Certificate/Ada証明書」というメールにcert.pdf.encが添付されています。DaedalusよりADA還元→「強制ヴェンド」から還元できます。「最新の受領証」が必要になります。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

2 件のコメント

    • 「このサイトは非公式であり、計算結果はあくまでも概算値です。将来の報酬を保証するものではありません。」
      との表記はしていましたが、それでも信じてしまう人がいたり、作者と勘違いしてしまう人もいそうなのでその部分は削除しておきます。
      ありがとうございました^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください