クリックポスト攻略法

どうも、Takaです。

郵便局のサービスで「クリックポスト」というのがあるのをご存じですか?

送料は全国一律164円で配達も早いのでかなりの頻度で使っています。

今回はクリックポストの攻略法について書いていきます。

 

クリックポストを利用するには

クリックポストの利用には、Yahoo! JAPAN IDの取得とYahoo!ウォレット(クレジットカード払)の利用登録が必要です。

詳しくは郵便局のサイトにてご確認ください。

http://www.post.japanpost.jp/service/clickpost/

 

追跡サービスもあるので、落札者に安心感をあたえることもできます。

アマゾンやメルカリの発送等、ヤフオクの発送以外にも使えますので便利です。

 

サイズ、重量について

長さ 14㎝~34㎝

幅  9㎝~25㎝

厚さ 3㎝以内

重量 1㎏以内

 

郵便窓口での攻防

僕が発送してきたなかで一番ネックになるのが「厚さ」なんです。

商品自体の厚さが3㎝近くあると、梱包やらで若干3㎝を超える場合があります。

ちょっと強めに押さえつければ何とか3㎝になる荷物を郵便窓口に提出した時があったのですが(営業時間内)、職員の人がゲージを取り出してきて荷物の大きさを測定しはじめました。

すると途中で引っかかってしまったので、「この荷物はお取り扱いできません」という判断をされてしまったのです。

僕はここですこし粘って、「いや、自分で測定してギリギリ3㎝で問題はないはずです」とゲージと荷物を受け取って、ちょっと強引にゲージを通したという事がありました。

その後も余裕で条件をクリアするような荷物をたくさん送ってますが、それでも確認のためにゲージを通すというパターンが非常に多かったです。

 

微妙な荷物は夜間窓口を狙え!

ちょっと大きな郵便局だと24時間窓口がある場合がありますが、ここが意外な穴場なんです。

ちょっと大きめな荷物でもゲージをまったく通さなかったり、先端だけ通したりと非常にありがたい対応をしていただいてます(笑)

この辺は地域差もあると思われますが、営業時間内の対応よりは緩くなるパターンが多いとおもいます。

なのでちょっと微妙な荷物を送るときは夜間に行くようにしています。

あと、職員の人に「お疲れ様です」とか「ありがとうございます」、「よろしくおねがいします」と挨拶をして良好な関係を築くことも大事です。

 

まとめ

このようなやり方をすれば若干厳しい荷物も送れる可能性が高くなりますので、ぜひ試してみてください。

あからさまにオーバーするような荷物ではやらないほうがいいです。

あくまでも「たまに」という頻度で利用するようにしましょう。

 

★仮想通貨取引をはじめならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です