今回のコインチェック騒動で思った事

どうも、Takaです。

コインチェックにてNEMが根こそぎハッキングされるというショッキングなニュースが飛び込んできました。

僕もコインチェックアカウントを保有していますので、「NEMの入金ができない状態となっております」というようなメールが複数届いていました。

でも、まさかこんな事態になっているとは予想もしていなかったです。

 

僕は去年の9月末にコインチェックから資金を逃がしていました

去年の9月29日に金融庁から「仮想通貨と法定通貨との交換サービスを行うことができる仮想通貨交換業者として11社を登録した」と発表がありました。

その中にはコインチェックは含まれていなかったので、すぐにビットレックスやウォレットに資金を逃がしました。

すぐにダメになってしまうとはおもっていませんでしたが、何が起こるかわからない世界なのでより安全な行動をしたわけです。

 

取引所に資産をおいている限りはリスクにさらされる

最近仮想通貨取引をはじめた人は、「コインチェックが登録業者ではない」という事実を知らなかったのではないでしょうか?

また、知っている人も発表から4ヵ月ちかく経っているので忘れてしまっているというのもあると思います。

ただでさえハッキングの危険にさらされている取引所。

さらに登録業者申請も通っていないところには、どうしても資金を預けておくことはできませんでした。

このような用心深さが今回のトラブルに巻き込まれなかった要因だったと思ってます。

 

基本は自己管理

イーサリアムだったらマイイーサウォレット、ADAだったらダイダロスウォレットと通貨ごとにウォレットがあると思いますので、取引所からウォレットに送金して資産を守るというのが基本となります。

あ、Nano Walletではえらいめにあったので、それからさわってません(笑)

またウォレットのパスワードも使い回しをせず、出来るだけ長いものにするのが基本です。

パスワードジェネレータを使えば簡単に数十桁のパスワードを作成することができます。

これに加えて、自分にしかわからなくする方法を真剣に考えてみてください。

これに関してはもの凄く真剣に考え、気を使ってます。

 

このニュースを受けて海外の取引所においてある資産をウォレットに移動することにしました。

取引所に預けておくのもリスクですが、自分で管理する場合もパスワードの管理等のリスクが生じます。

僕は、取引所に預けていてハッキングされるよりは自分で管理しているほうがいいという結論に達しましたので、全て自己管理する事にしました。

中には「自分で管理するのはめんどくさい」と思っている人もいるでしょう。

でも、今回のコインチェックでの出来事があなたの資産を預けている取引所で起こった時の事を想像してみてください。

それでもあなたは取引所に資産を預けておけますか?

 

★仮想通貨取引をはじめるならココ♪

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

★サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください