税金はなるべくクレジットカードで払いましょう!

どうも、Takaです。

みなさんは税金の支払方法はどのようにしていますか?

住民税とか国民健康保険税とかを口座引き落としで納付している人も多いはずです。

ですが!!

どうせ払うならクレジットカードを使ってポイント分だけでもゲットできたらうれしいですよね?

僕の住んでいる地域では直接クレジットカードで税金を納付する事はできないのですが、「nanaco」を使うことによって間接的にクレジットカード納付を行うことができます。

簡単に手順を説明しますね。

 

ポイントの付くクレジットカードを用意する

使用する事で1%とかのポイントがつくクレジットカードを用意します。

僕はリクルートカード(JCB)を使っています。

これは年会費無料ですが、ポイントが1.2%もつく優良カードでぼくのメインカードとなっています。

ただ1点注意があります。

最近ルールが変わって、電子マネー(nanaco等)へのチャージは1ヵ月30000円分までしかポイントが付かなくなりました。

50000円分チャージしても30000円分のポイントしか付かないということです。

なのでチャージは1ヵ月間をおいてこまめに実行する必要があります。

 

nanacoを準備してクレジットチャージを行う

nanacoが準備できたらnanacoのサイトにアクセスしてクレジットチャージの手続きを行います。

手続きが終わったらセブンイレブンに設置されているATMでnanacoにチャージする事が可能です。

すぐに支払可能なので、払込用紙を持っていくのがいいですね♪

 

クレジットで納付できるものはすべてクレジットで払う

僕は自動車税、住民税はnanaco経由で支払っています。

国民健康保険税は銀行引き落としになっているので近日中に銀行引き落としを解除する予定です。

国民年金ももちろんクレジットカード払いにしています。

こちらは直接クレジットカードで納付できます。

今年は思い切って2年分前払いというのをやってみましたw

どうせ支払わないといけないものですし、保険料もだいぶお得になります。

30万円以上の支払にはなりますが・・・

あと、ちょっとした買い物もすべてクレジットカードを使っています。

こうした積み重ねが1年で大きな差になってきます。

年間200万円カードを利用したら2万4000円のポイントが付きます。

10年で24万円です。

クレジットカードを持つと鬼のように買い物をしてしまうという人は要注意ですが、自己管理ができる人は使わない手はないですね。

 

完璧は求めないこと

ひとつ注意ですが、ポイントを最大限ゲットしようと情報を集めまくると訳がわからなくなるのでやらないほうがいいです。

余計なカードがたくさんたまる事になりますので、「何か買い物をする時にはポイントが少しでもたまればいい」くらいでいいと思います。

Suicaもクレジットカードでチャージしてポイントをためてますので、Suicaでの支払もポイントをもらっている事になります。

特にnanacoはクレジットチャージ時にもポイントがつきますし、買い物時にもnanacoポイントが付くというポイントの2重取りができますのでお得です。(税金支払い時はnanacoポイントはつきません)

その他、ファミリーマートではTカード、ローソンでpontaカードでポイントをためるようにしましょう。

僕はここ数年、コンビニで現金を使った記憶がありませんw

ファミリーマートで100円のものを買う時も最初にTカードを渡して、その後に別のクレジットカードで払っていますw

自分なりに快適なポイントライフを構築することをオススメします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください